青汁の種類

青汁の製品タイプでサプリを選ぶメリット

健康や美容のために、様々な努力をしている方にとって、青汁はとても気になる存在でしょう。
健康のためにとても良いというのはよく分かっているし、美容やアンチエイジングにも良いということも知っていて、試してみたいけれど、どの製品タイプがいいのか分からないという方もいますね。
まず青汁の製品タイプには、粉末、冷凍、サプリメントという種類があります。

 

店頭などで一番多く見かけるのは、粉末ではないでしょうか。フリーズドライで作られていて、水や牛乳などの液体に溶かして飲みます。昔のように強烈な匂いがしたり、苦いような何ともいえない味に悩まされることは今はほとんどないでしょう。

 

多くの人は、抹茶のような味だと評していますね。しかし、それでも嫌いな人はどうしても飲めないという場合もありますね。冷凍タイプは、青汁をそのまま冷凍して小分けにして売っているものです。これは粉末タイプより青汁本来の成分がそのまま摂取できますが、解凍する手間が面倒であったり、粉末より味がキツイという欠点もあります。

 

そしてサプリメントは、青汁を錠剤に加工したもので、水さえあればどこでも飲めるということ、持ち運びやすいというメリットがあります。そして、何より味が苦手だという方には、このサプリメントがおススメですね。

 

その便秘改善やコレステロールを低下させるなどの効能には魅力を感じていても、嫌いなものをイヤイヤ口にしなくてはいけないのって、かなりのストレスですよね。健康になりたいから、キレイになりたいからと思って飲んでいるのに、それで余計にストレスを溜めていては逆効果になってしまいます。唯一味やのどごしがダメだという方なら、そういったストレスを感じずに済むサプリメントが最適です。

 

ただ、色々なメーカーから販売されていますが、メーカーによっては一度にたくさん飲むように設定されている場合があります。用法用量を守ってこその効果効能ですから、そんなにたくさん飲むのは嫌だと思ったら、用量が少なくて済むものを選びましょう。