青汁の種類

青汁による放射性物質の予防対策について

青汁による放射性物質の予防が注目させています。テレビや雑誌でもよく見かけ、有名な健康食品となっています。青汁にはカリウム、ミネラルが多く含まれています。その他の栄養素もとても多く含まれていることで健康の維持や様々な効果、美容効果もあると注目を集めている青汁ですが青汁に含まれるカリウムやミネラル、カルシウムを摂取することで放射性物質の予防対策に役立ちます。

 

カリウムを多く含む食材を摂取するとセシウムは体外に排出されます。またミネラルも体内に放射性物質が入ってくることを止める効果があります。他にもカルシウムはストロンチウムを体外に排出する効果があります。マグネシウムも有効です。これらの栄養素が多く含まれているのです。

 

そして既に体内に放射性物質が入ってしまっていても食品から有効な栄養素の成分を摂取することで、予防対策が期待できます。しかし、このような栄養素を普段の食事で十分に摂取することは難しいです。野菜や果物、その他の食品を効果が期待できるまでの量を習慣的に摂取することは不可能に近いです。

 

自炊するとしてもレシピに限界がありますし、外食になるとそのような栄養素をたくさん含んだメニューはなかなか見つかりません。野菜の高騰化が心配される時期もあります。そして食べられる量も限られています。そこで諦めてしまう人、はじめてみたけれど続かないと言う人は多いです。

 

しかし青汁なら飲むだけですのでお手軽に始めることができます。食事の後に飲むことや食事の間に飲むこともできるので、無理なく続けられます。少し前までは青汁はとても癖があり苦い、飲みにくいと言うイメージがありました。

 

しかし最近では美味しい青汁が主流で、大変飲みやすくお子様やお年寄りまで年齢を問わずに飲むことができると話題になっています。健康への効果はもちろんのこと、放射性物質への予防対策も期待ができるお手軽で栄養要素が豊富な健康食品としてこれからも注目されています。